Music

星一つ見えない暗い夜の真下で 涙の海に泳いでも
気がつけばいつも差し伸べてくれたね 一言で雨は止んでた

だから本当に僕は思うんだ 君がいれば生きていける
群青の海も琥珀の月も 世界は君で色づいている

当たり前のことは何もないと言ってた やり直せば幸せになれるの?
寂しげな傘の群れが今日も駅に着く 振り返れば君に会いたい

そして僕は未来へと続いてく 僕の隣には君がいる
思いもよらず世界を変える 素敵な歌を歌っておくれ

la la la life is music.
歌の先に明日がある
la la la life is music.
雲のように風のように 流れ続ける


散らない花はなんか淋しすぎるから 僕も君も変わっていこう
後ろ髪跳ねてリズムが今変わるから 悲しみも家に帰るさ

僕ら見えないものに囲まれてる そしてその中に君がいる
万華鏡の世界 ピントがあうよ その先へ連れていっておくれ

la la la life is music.
歌うように生きていこう
la la la life is music.
この世界を雨のように 包み込んでる

ビー玉が落ちて割れて高い声で泣いた
そんなことで廻り続けている
つまんない歌もあるよだけどそれ無しでは
歩いていけない

la la la life is music.
君の先に明日がある
la la la life is music.
昼も夜も街も空も歌う

la la la life is music.
僕は歌う君のことを
la la la life is music.
そう今もこれからも 流れ続ける
2009/11/03(Tue) 00:15:09 | Word(詩)

おひさしぶりです

どうもどうも。
お久しぶりです。お元気でしょうか。
相変わらず視力が悪いので、全然気がつきませんで
大変失礼いたしました。^^;

この時期は、私も好きです。ギターも良く鳴りますし。声も響きます。
何より、寒いくらいが良い。ストリートの醍醐味です。
詩は書いた時点で固定されたものとなりますが、
我々は生きているので、変化していきますよね。
私自身も、10年経って昔書いた詩に対しての
感じ方がずいぶん違います。結果、違った気持ちで歌っていたりします。
そんな風に、少しずつ色の違う世界を見ながら
これからもずっと歌っていくのかな、などとも思います。

ご清聴、どうもでした。またよろしくお願いします。
takepan(2009/11/07(Sat) 00:01:04)

この時期になると、

さらに歌声が凛として聴こえる気がします。
歌うたいさんは大変かと思いますが…。

仕事帰りに通り掛かり、こっそり『送辞』のみ聴かせていただきました。
うん、やっぱり何年経っても変わらずすきです。
詩に対する受け取り方が多少変わったのは、わたしなりの経験や成長なのかな…と。

竹田さんの歌声、遠くのブロックまで響いてました。
生には適わないけど、taoのうたを聴いてチャリかっ飛ばして帰ります。

うん、『Music』気になるなる。
またお邪魔させていただきます。こっそりと^^
遠くから聴いてる日があったりなかったり…。

気持ちのよいひとときでした。
ありがとです。
こば(2009/11/06(Fri) 22:22:06)
Tittle: Name:


twitter

Categories

New Entries

Comment

Archives(773)