ストリートでした

さてはて、三週間ぶりのストリートとなりました。
予想通り声は出ませんでしたが、楽しかったです。
ヒートテックは凄いですね。全然寒くない。ってか、暑いくらい。
これからのシーズン、重宝しそうです。

どうも眼精疲労がひどく、
なんとなくメガネしていたくなかったので、
ためしに裸眼でストリートやってみました。


まぁ、見えないこと見えないこと。
変な緊張ももちろんないし、誰がこっちを見てるかも
解らない。変な話ですが、肩に力が全く入らずすみました。
これからもたまにやるかもしれません。^^;


さて、来週末は、ライブ。
来週一週間は練習ウィークとなりそうです。
みなさん、良ければぜひ遊びに来て下さいね。
来られる方は事前に言っていただければ、取り置きの額に
しておきます〜。

ストフェス終了しました。

20091122171738.jpg

今年もストフェスが終了しました。
今年は10年目と言うこともあって、三日間。
三日間、竹田はずっと喋りっぱなしでした。
事前収録している番組分を除けば、概ね一日辺り5時間。
三日間でおおよそ15時間喋ったことになります。

文字にするとあっさりしたもんですが、
実際にはかなりの疲労感、そして終わって訪れる達成感が
あります。こんだけやれば、面白いか面白くないかはともかく、
大概テキトウな事喋ってられるな、と言う自信というか、
そんなものがつきました。はい。歌を歌う者としてプラスなのか
マイナスなのかは、今後時間とともに解ってくるでしょう・・・。

今年のストフェスでは、募集要項、当日パンフレットの
デザインもやらせて頂きました。こちらも大きな内容だったので、
自信がつきました。音楽以外の所での内容ばかりですが^^;


さて、次は、自分が出演するライブです。
12月5日(土)
ライブハウスUHUでお待ちしています。
もうあんまり時間も無いのですが、一気に練習を仕上げていきたいと
思います。最近、ライブ前の追い込みが結構激しい竹田でした。

すいません

今日ストリートやる気満々だったのですが、ストフェスの作業が押して怪しいです。すみません。とりあえずナシにします。

すまぬ

どうも雨らしく、しかも仕事が終わらないので、諦めて今日のストリートはお休みします。

おつかれさまでした

さてはて。
金曜はストリート、
そして土曜はUHUでライブでした。

金曜のストリートはまぁ、久しぶりに
よっぱらいのおじさんに絡まれてちょっと凹んだりもしましたが、
季節柄過ごしやすい感じでまずまずです。


んで、今日のUHUのライブですよ。
いや〜、楽しかった。
今日のライブは本当に良かったですよ。
単純に俺好み、と言う意味ではパーフェクツです。
そんくらい対バンの出演者の方が良い感じでした。

私といえば、まぁライブの内容はそこそこですが、
ハープを家に忘れ、慌ててすみやで購入するも、
ライブ直前に紛失すると言うありえないミスで
柄にもなく動揺してました。まぁ、高い買い物だったとは言え、
ウケたから、いいです。そんで幸せです。


セットリスト
1・ドライヴ
2・君は僕に言う
3・ノスタルジア
4・Music
5・送辞


さて、次のライブは、
12月5日に、やはりUHUで
リクオさん
http://www.rikuo.net/
と言うピアノ弾き語りの方の前座をつとめます。

私は、リクオさんのこと知らなかったのですが、
興味がわいて、CD買いました。
しかし今日届いたのでまだ聞いていません。
ご存知の方もいると思うのですが。

このようなプロの方の前座を勤めるのは、
数年前のトーベンさん以来ですかね。
ライブは終わったばかりですが、今から気合入っております。


それにしても、今日は良い夜だった。

明日はライブです。

ギリギリまだ、「明日」って言える時間。

さて、今日はストリートでした。
そして明日はライブです。
なんと言っても出演者が豪華なので、ぜひ遊びに来て下さい。
素で勧めます。

11月7日 (SAT)@ライブハウスUHU 
出演 竹田キミヒコ、神谷潤一郎、ウィスキー山崎、野中孝幸、あぶぅ
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET \1500 (Drink別)



では、明日。

Music

星一つ見えない暗い夜の真下で 涙の海に泳いでも
気がつけばいつも差し伸べてくれたね 一言で雨は止んでた

だから本当に僕は思うんだ 君がいれば生きていける
群青の海も琥珀の月も 世界は君で色づいている

当たり前のことは何もないと言ってた やり直せば幸せになれるの?
寂しげな傘の群れが今日も駅に着く 振り返れば君に会いたい

そして僕は未来へと続いてく 僕の隣には君がいる
思いもよらず世界を変える 素敵な歌を歌っておくれ

la la la life is music.
歌の先に明日がある
la la la life is music.
雲のように風のように 流れ続ける


散らない花はなんか淋しすぎるから 僕も君も変わっていこう
後ろ髪跳ねてリズムが今変わるから 悲しみも家に帰るさ

僕ら見えないものに囲まれてる そしてその中に君がいる
万華鏡の世界 ピントがあうよ その先へ連れていっておくれ

la la la life is music.
歌うように生きていこう
la la la life is music.
この世界を雨のように 包み込んでる

ビー玉が落ちて割れて高い声で泣いた
そんなことで廻り続けている
つまんない歌もあるよだけどそれ無しでは
歩いていけない

la la la life is music.
君の先に明日がある
la la la life is music.
昼も夜も街も空も歌う

la la la life is music.
僕は歌う君のことを
la la la life is music.
そう今もこれからも 流れ続ける

Happy

20091101223543.jpg

さてはて、
先週金曜日のストリート、及び日曜日のゼリーさんの
パーティーにご来場のお客様、ありがとうございました。

金曜のストリートは、多少場所を移動して
行いましたが、秋風薫る過ごしやすい夜でした。
CD買ってくれた、石川県から来ていたおじさん、特にありがとう。

んで、日曜日はかねてよりお伝えしておりました
とおり、豪華面子でのライブでした。
本当に大変濃い出演者で、いろんな意味で満腹でした。
気持ちよく夜を過ごせましたが、自分の出番では
若干滑ってましたね。なんとなく焦りがあったのは否めませぬ。


セットリスト
1・電気消して
2・Music
3・生きていくということ 〜flowers〜

思えば、「生きていくということ」は
ミサシンの結婚記念ライブに間に合わせるために
作られた曲でした。10年経って、そういった意味で
再び歌うと言うのは、感慨深いものがありますね。
通常、岡村さん作曲のものはタオでやるとき以外
歌わないのですが、今回は特別に岡村さんの許可も得て歌わせていただきました。

そんで、「Music」については、後で詩も上げますけれど、
今回のライブのために間に合わせるよう作った曲です。
表面上歌っている事は違いますけれど、根底には「生きていくということ」と
同様のテーマが流れているのかもしれないと、書いた後に感じた曲でもあります。

ともあれ、幸せな人がそこにいると言うことは、それだけで尊い事です。
お二人に幸あれ。


twitter

Categories

New Entries

Comment

Archives(760)